ソフトウェア毎の利点と注意点

マイクロゲーミングについて

マイクロゲーミングについて

「マイクロゲーミング」はゲームソフトの開発会社です。

「これが、そんなに重要なの?」オンラインカジノ初心者から、このような質問が投げかけられました。
お答えしましょう。
ハッキリ言って、大変重要な項目となるものです。
決して軽視することなく、情報をしっかりと学習してください。

「カジノゲーム」は「ゲームソフト」によって制御されています。
ちなみに、「ゲームソフト」「プログラミングソフト」「ゲーミングソフト」は同義と考えてください。

したがって、「カジノゲーム」の出来は「ゲームソフト」によって左右されるのです。
「ゲームソフト」は「ソフトウェア開発会社」によって製作されるものですから、「カジノゲーム」の味付けは「ソフトウェア」そのものといっても過言ではないでしょう。
ここまで理解できましたか?つぎの項目で、「マイクロゲーミング」の魅力をお伝えすることにします。

マイクロゲーミングの魅力とは?

「ゲームソフト」を開発する会社は複数存在しています。
そのなかで、「マイクロゲーミング社」はトップに君臨しているのです。
1994年の創立以来、オンラインカジノにおけるプロバイダー会社として、業界を牽引(けんいん)しており、現在に至っています。
ブランドとしての意識が高く、性能にこだわったモノづくりに定評があるのです。

具体的には、「美しいグラフィクス」と「優れたサウンド性能」が臨場感を醸し(かもし)だします。
これにより、ゲームの世界にどっぷりと入り込めるのではないでしょうか?

また、「マイクロゲーミング社」は契約先に対しても高いレベルの経営クオリティを求めています。
よって、悪質なカジノ業者が「マイクロゲーミング」を採用できる確率は非常に低くなっているのです。
もちろん例外も存在するのですが、「マイクロゲーミング」を基準にして選ぶようにすれば、間違いないことになります。

ホワイトレーベルの存在について

ホワイトレーベルの存在について

「マイクロゲーミング」を選ぶ際における例外として、「ホワイトレーベル」があることをご存じでしょうか?これは、オンラインカジノの「のれん分け」にあたるものです。
やっかいなのは、「のれん分け」によって「資金力の乏しい」カジノ業者が「マイクロゲーミング」を採用できることです。
どうか注意してください。
「ホワイトレーベル」は正規のライセンス業者ではありません。
問題が生じた場合に、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性を否定できないのです。
くれぐれもご用心ください。

プレイテックについて

プレイテックについて

「プレイテック」は「ゲーミングソフトウェア」の開発会社です。
創業は1999年の12月です。
「エストニア」で創業しており、7年後の2006年にはロンドンの証券取引所にて上場を果たしています。
急成長です。
資本力を背景に、さまざまな投資や業務提携を推し進めており、とくに「マーベル社」との提携が大きな出来事として社史に刻まれています。

「マーベル社」はアメリカの有名出版会社であり、多くの人気キャラクターを抱えているのです。
これにより、「カジノゲーム」へのキャラクター活用を積極的におこない、あの有名な「マーベルスロット」を生み出すこととなります。
この世界規模における爆発的ヒットにより、業績を飛躍的に伸ばして現在に至るのです。
「キャラクターゲーム」はそれだけプレイヤーの興味をそそるものであり、「プレイテック」は巧みに活用をしたのです。

プレイテックの成長における秘密

「プレイテック」は2009年に「ウィリアムヒル」とライセンス契約を締結しました。
「ウィリアムヒル」といえば、世界最大とされるギャンブル企業ですから大きいです。
これにより「さらなる成長」を遂げることとなります。

また、「プレイテック」が開発した「マーベルスロット」はお互いを成長させる原動力となりました。
「ウィリアムヒル」が大きく業績を伸ばしたことで、業界全体における「プレイテック」の評判が広まったのです。
こうして、「プレイテック」を採用する「カジノサイト」が急増することとなり、ますます成長を遂げることとなります。

環境の変化

環境の変化

実は、「プレイテック」における「マーベルスロット」はサービスを終了しているのです。
「世界的な人気を博しているのに、なぜサービスを終了したのですか?」質問が寄せられました。
お答えしましょう。
「プレイテック」が「マーベル社」と提携して数年が経過してから、「ディズニー社」による「マーベル社」の買収がおこなわれたのです。
世界的に見れば、このような大型の買収劇は珍しくありません。
ただ、困ったことにキャラクターのギャンブル利用ができなくなってしまったのです。
結局2017年の3月には契約が終了してしまい、「マーベルスロット」を続けられなくなりました。

現在のプレイテック

「キャラクターゲーム」が無ければ、興味が半減しますよね。
そこで「プレイテック」は「DCコミックス」との提携を進めており、すでに「ジャスティス・リーグ」を発表しています。
これにより人気を盛り返しつつありますから、今後に期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です