オンラインカジノの様々なメリットデメリットや選び方

オンラインカジノの魅力
オンラインカジノはブロードバンド環境とパソコンがあれば24時間365日いつでも遊べると言うメリットがあります。
パチンコで遊ぶ場合は店舗まで出かけることが必要です。
車で行く場合はガソリン代、電車やバスで行く場合は運賃が掛かります。
しかし自宅で遊べるオンラインカジノなら交通費は掛かりません。

2種類のルーレット

競馬では3連単など高額配当が良く出る馬券がありますが、的中させる難易度はかなり高いです。
一般的な馬連でも中々的中せず、損してばかりと言うことがありました。
しかしオンラインカジノならルーレットなど比較的勝ちやすいゲームがあるのです。
ルーレットにはアメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレットと主に2種類あります。
アメリカンルーレットでは0と00を入れて38つの数字、ヨーロピアンルーレットでは0を入れて37つの数字となっています。
1から36までの数字は赤と黒に分かれています。
カラーと言う賭け方なら赤または黒の2択です。
オッドイーブンと言う賭け方なら奇数または偶数の2択です。
ルーレットなら複雑な予想をしなくて済むのが良いところです。
ストレートアップと言う1つの数字を選ぶ賭け方なら36倍もの配当が得られます。
ローリスクローリターン、ミドルリスクミドルリターン、ハイリスクハイリターンとギャンブラーのスタイルに応じて選べるのが魅力です。

日本で遊べるギャンブルを見てみると、払い戻しされる割合は、パチンコがもっとも高くて8割ほど。あとは、競馬や競艇が7割前後で、宝くじにいたってはもっとも低く、4割くらいしかありません。
それに対して、大手のオンラインカジノでは、基本的にどこもペイアウト率が95%以上はあるとされています。
つまり、100ドルをベットすれば、95ドル以上がユーザーにとっての利益として還元されていることになるわけです。
特に最近ではサービスの競争が激化してきたこともあって、99%以上のペイアウト率を好評しているところもあるほどです。
ヒント:ギャンブルとしてはどれくらい儲けやすいの?

日本のパチスロには設定があると言われています。
この設定は1から6まであり、6が一番勝ちやすくなっています。
そのため台によって儲けが左右されてしまう事が多々あります。
しかしながら、オンラインカジノのスロットではランダムナンバージェネレーターと言う乱数発生器を使用しており、100%ランダムとなっているため、台によって差が出ると言うことがありません。
目押しテクニックも不要なため、スロット初心者の方でも遊びやすいのが魅力です。

iWalletとecoPayz

ただしオンラインカジノにもデメリットがあります。
入出金方法が特殊で初心者の方だと分かり難いと言う点です。
入金方法にはクレジットカード、電信送金、電子決済サービスなどがあります。
クレジットカードで入金出来るのは一部のみ、殆どでオンラインカジノの場合は拒否されます。
電信送金は拒否される心配は無いものの、入金が反映されるまで日数が掛かります。
さらに手数料が掛かると言うデメリットもありました。
電子決済サービスはネッテラーやウェバンク、エコペイズなどがあります。
このうちネッテラーではオンラインカジノへの決済サービス中止となっています。
ウェバンクやエコペイズならオンラインカジノでも入金することが可能です。
その他、一部のオンラインカジノには悪質な運営会社が存在すると言う点にも注意が必要です。
支払の遅延や出金拒否などのトラブルが良く見られるのです。
当然ながらギャンブルには勝ちもあれば負けもあると言う点にも注意が必要です。
ギャンブルに熱中し過ぎる方は次々に資金を投入してしまう傾向があります。
自宅でいつでも遊べる反面、他のギャンブルより依存症に陥りやすいために注意が必要です。

お金を賭ける場合は優良なオンラインカジノを選ぶことが必要です。
老舗のオンラインカジノや有名なオンラインカジノなら、トラブルに巻き込まれる心配は少ないです。
オンラインカジノを運営するには政府からライセンスを取得することが必要です。
ライセンスを取得していないオンラインカジノは違法のために利用しないで下さい。
ライセンスを発行する国は意外と少ないです。
そのうちイギリスやマン島、マルタ、オルダニー島、カガヤン、キュラソー、ジブラルタル、カナワキなどの政府は厳しい審査を行っています。
ライセンスを取得したらそれで終わりではありません。
その後も政府から監査を受けることが必要なのです。
悪質な手口を用いるとライセンス剥奪となりかねません。
オンラインカジノのWEBサイトにどの政府から発行されたライセンスなのか記載があるはずです。
英語で表記されていることがありますが、確認してから登録して下さい。
TSTやeCOGRAなど第三者機関による審査や監理を受けているオンラインカジノはさらに安全性が高いです。
eCOGRAの場合は認定を受けるとロゴの表示が許されます。
オンラインカジノのWEBページにeCOGRAのロゴがあれば安全に入金することが可能です。
日本語対応、日本語サポートのあるオンラインカジノなら分からないことがあっても日本語で質問が出来ます。
日本の場合、オンラインカジノの法律が整備されておらずグレーであると言われています。
そのため口コミで評判をチェックしようと思っても少ないことが多くなっています。
匿名の掲示板ならオンラインカジノに関する口コミが良く見られるため、登録する前に確認してみて下さい。
出金出来なかったなどの口コミが見られた場合は利用しない方が良いです。
中には登録しなくても無料で遊べるゲームを用意するオンラインカジノがあります。
まずは無料ゲームで試してから登録するのがおすすめです。